症例ブログ

2013年11月27日 水曜日

抜髄の話

虫歯で歯の中の歯髄が感染して炎症をおこしてしまった場合、飲み物が凍みたり、時に激痛を生じます。このような場合、感染した歯髄を取り除く治療が抜髄です。歯髄はできれば保存したいところですが、不可逆性炎症の場合には避けて通れません。
3MIXという薬剤で歯髄を保存する治療法もありますが、自分は効果の程に疑問を感じているので採用していません。
歯髄のあるところに向けて歯を切削します。もちろん麻酔下です、炎症が強いと麻酔が効きにくくなります。このような時には消炎処置をして後日治療をすすめることもあります。電気抵抗値により歯の長さを計り、リーマーという道具で歯髄を除去します。2日目には消毒薬を入れて歯に取り付いているばい菌と歯根膜に浸潤したばい菌を消毒します。
3日目に異常がなければ、ガッタパーチャという素材で根管内を封鎖します。咬合痛や打診痛がある場合にはそれがなくなるまで必要に応じて消毒薬を変えながら消毒を繰り返すことになります。根充がしゅうりょうしたら、次回の治療は歯冠修復となります。

 


ホワイトニング・インレーの治療は日吉のおきくら歯科医院
神奈川県横浜市港北区日吉本町3-33-14
TEL045-564-1182

このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 おきくら歯科医院

新着情報

一覧を見る

2014/12/20

12月28日(日)~1月4日(日)まで休診させていただきます。よろしくお願いします。

2014/07/15

夏季休暇のお知らせ:8月7日(木)~14日(木)まで夏休みとさせていただきます。

2014/03/28

4月より消費税8%に増税のため、販売品・自費治療のへの消費税分が価格上昇いたします。ご理解の程お願い申し上げます。

2013/07/20

サイトを公開致しました。
宜しくお願い致します。

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒223ー0062
神奈川県横浜市港北区日吉本町3-33-14

ホームページを見たとお伝えください

【電話番号】
045-564-1182

【受付時間】
平日
9:00~13:00/14:30~18:30

土曜
9:00~13:30

お問い合わせ 詳しくはこちら